DAZN

データ通信量を節約したい!DAZNの画質をあえて落とす方法

DAZNなどの動画配信サービスは便利ですが、スマホで視聴するとデータ通信量が気になりませんか。

携帯の契約にもよりますが、通信量が増えると速度制限がかかったり、携帯料金が上がってしまったり…

私も外出先など、wifiがない場所では通信量をくってしまうので、できるだけ見ないようにしていました。

でも、スポーツはLIVE配信で見るからこそ面白い!

どうしても外出先でも見たい!ということで画質を落として通信量をおさえることに。

今回は「画質を落とすことでどれだけ通信量が節約できるか」「画質を落とす方法」について書いていきます。

DAZNのデータ通信量ってどれくらいかかる?

DAZNでサッカー1試合分みたらどれくらい通信量がかかるの?

DAZNを視聴するデバイスや通信環境にもよりますが、私が持っているスマホで計測したところ、10分間で0.39GB390MBかかりました。

サッカー1試合(90分)だと3.5GBほど通信量がかかる計算です。

データ通信量
10分 0.39GB390MB
サッカー1試合(90分) 3.51GB3510MB)
野球1試合(210分) 8.19GB8190MB

※野球の試合は試合内容によって時間が前後するので目安です。

今でこそ動画見放題のスマホ契約がありますが、以前は1ヶ月7GBを越えると速度制限がかかるスマホ端末が主流でしたよね。

今でも7GBの制限がある方もいらっしゃると思いますが、サッカーを2試合見ると7GBを越える計算となります。

Wifi環境ではなく、スマホの通信で視聴すると速度制限がかかったり、契約によっては携帯料金があがったりしてしまいます。

画質を落とすことでどれだけ通信量が節約できる?

DAZNをどうしてもLIVEで見たい!通信量も節約したい!
“ぴースケ”
“ぴースケ”
そんな時は「データセーブ機能」を使うといいよ!

DAZNには「データセーブ機能」があり、この機能を利用すると画質が下げることで通信量も下げることができます。

実際にどれだけ通信量を節約できるのか、測定してみました。

データセーブOF データセーブON
10分 0.39GB390MB 0.065GB(65MB
サッカー1試合(90分) 3.51GB3510MB) 0.585GB(585MB
野球1試合(210分) 8.19GB8190MB 1.365GB(1365MB

実際にDAZNサイトでも、デバイスや通信環境にもよりますが、データ通信量を7分の1まで下げられると記載されています。

1時間あたりのデータ使用目安は約450MBだそうです。

かなり通信量の節約になりそうですね。

画質を落とす、データセーブ機能の設定方法

1.DAZNアプリで【その他】をタップ

iosでは画面下のメニューから、Androidではボタンから【その他】をタップしてください。

2.【設定】をタップ

【設定】もしくは【データセーブ】をタップしてください。

3.データセーブの設定をONにする

データセーブには【3G/4G/LTE使用時】【WiFi使用時】を各々を設定できます。

簡単にいうと、

・【3G/4G/LTE使用時】は自分が契約しているスマホの通信量を使って動画を見る時です。
・【WiFi使用時】は家のWifiや外出先でのWifiに接続された状態で動画を見る時です。

お家のWifiが通信量の制限がなければ、【3G/4G/LTEの通信量を節約】だけONにして、【WiFiの通信量を節約】はオフの設定がオススメです。

外出先では画質を下げて通信量を節約し、お家ではWifiにつないで画質の良い動画を楽しめますよ。

まとめ

まとめ

・DAZNの画質を落とせば通信量を7分の1まで下げられる。
・画質は落とすにはアプリの【その他】から設定する。
データセーブ機能は【3G/4G/LTE使用時】・【WiFi使用時】の設定ができる。